【活動報告】NAYA enjoyspaceでボードゲーム!!

 

NAYA enjoyspace で夏祭り!!

2017年8月5日武蔵新城にあるNAYA enjoyspace の夏祭りで、ボードゲーム会を行いました!

⇒ NAYA enjoyspace のページ

 

 

 

 

 

 

 

NAYA enjoyspace は元々築100年の納屋をリノベーションして作られた2階建ての建物です。オーナーさんが地域交流の場として開放し、2016年10月からNAYAメンバーズとして「みどりなくらし」「かわいいお菓子教室Sucre Fun」「えいごであそぼ!ENGLISH ADVENTURE」の3団体が親子広場や英語教室を定期開催しているとのこと。(川崎経済新聞より抜粋)

 

NAYAの関係者が、ボードゲームカフェ武蔵新城のお客さまだった関係から、お声がけいただき、夏祭りに参加することになりましたー!

 

夕方~夜は子どもターム。写真は「フライングフライパン」に興じる子どもたちです。
 夜は大人タームと分けていたのですが、まぁそんなの守れるわけもなく子どもがガンガン乱入。予約段階は少なかったのですが、当日参加も沢山いらっしゃりてんやわんやでした!!

写真は「コルトエクスプレス」。

 

 

まとめ

えーと、とにかく疲れました(笑)

 

2階建ての建物なんですが、下で子ども達が元気よくあそんでいる。当然、上にも上がってくる。「何しているの?」「ボードゲームだよ」「ボードゲームって何? あそんでいい?」という無限ループ。この大変さは想像に難くないと思います(笑)

 

このNAYAのように、地域の人が集う拠点(居場所)はこれからの社会非常に重要になります。具体的に言えば、日本中、空き屋だらけになりますので、空き屋をコミュニティスペースにリノベーション、という図式はドンドン進むでしょう。例えて言うなら、昔の日本家屋にあった「縁側」。今の家屋にはありませんが、空き屋が「縁側」の機能を担うというストーリーはあり得ると思います。管理が住民自治になりますので、コミュニティがしっかりしていることが前提ですが。

 

話を戻すと、そうしたスペースとボードゲームの相性は非常に良いので、NAYAのスタッフの方々にボードゲームを普及し、NAYAにボードゲームを置いてもらうのは良いのではと思いました。実は武蔵新城にもう一ヶ所、ボードゲームを普及して欲しいという声もあるので、武蔵新城のまちなかにボードゲームがジワジワと拡がっていきそうです。10年後、クリエイターの聖地になっていたりしたら面白い。楽しみです!

 


コメント コメントを追加

  1. 小形佳奈 より:

    大人Aタームに参加したいのですが、間に合いますか?

    1. wakulab より:

      小形さん
      遅くなりましたが、昨日はありがとうございました。コメント欄はPCからしか確認できないため、レスが遅くなりました、申し訳ありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です